• 事務所案内
  • 業務内容
  • 解決事例
  • 訴えられた時には
  • 費用について
  • お知らせ

訴えられた時には

訴えられるとは

訴えられるとは

人は誰しも、ある日突然、自分が他者から訴えられる等思いもしないものです。裁判所から訴状や調停申立書が送られてきて、初めて裁判の当事者であることを知らされるのです。訴えを起こされるケースとしては、次のようなケースが考えられます。

訴えられるケース

  • 父がなくなり遺言書が見つかり検認手続きをしたが遺言が無効として訴訟が起こされた。
  • 離婚に向けた話し合いがこじれた結果、家庭裁判所への出廷を求められた。
  • インターネットの掲示板に誹謗中傷するコメントを書き込んだら、相手から名誉毀損罪で訴えられた。

このような事態に遭遇した時、ご自分で何とかしようと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、全てのトラブルが必ずしも自力で解決できるとは限りません。
渋谷徹法律事務所では、弁護士による専門的なアドバイスやサポートを必要とする皆様に対し、迅速に対応する体制を整えております。
訴状や調停申立書を受け取ったら放置せず、お早めに弁護士にご相談ください。

弁護士に依頼するメリット

揉め事を素早く解決でき、お互いに納得できる解決策を見つけ出します。

当事者どうしで話し合う場合、どうしても感情的になり、解決までに時間がかかってしまいがちです。弁護士が間に入ることで冷静な判断が可能になり、双方が納得できる妥協案を見つけ出し、短期間での解決へと導くことができます。

心身にかかる負担を軽くすることができます。

裁判に向けた証拠集めや様々な書類作成、裁判所への出廷、相手との直接接触を1人で対処するとなると、時間や労力、費用、心理面等様々な負担が重くのしかかります。
弁護士に依頼すると、弁護士全て窓口となって依頼者にかかる物理的な負担を肩代わりできる他、相手方と直接接触することもないので、精神的な負担もなくなります。

様々な法律の知識をフル活用し、交渉を有利に進めます。

最近、インターネットの普及により法律の情報も簡単に手に入るようになりました。情報さえあれば大丈夫と思い込んで裁判や調停に臨むと、相手方から不利な条件を提示され、受け入れざるを得ない事態になりかねません。訴訟や調停の段階で弁護士に依頼すると、弁護士は専門知識やこれまで培ってきた豊富なノウハウをフル活用し、依頼者に有利になるよう交渉を進めることができます。

法律の専門家の立場からアドバイスいたします。

弁護士に依頼した場合、法律の専門家である弁護士から、どんな発言に気をつけるべきか、交渉をどのように進めればいいか等、戦略的なアドバイスを受けながら臨むことができます。また、刑事事件の場合は取り調べの際の対処方法等をアドバイスするとともに、法律の専門家の立場を活かした弁護活動も可能です。