• 事務所案内
  • 業務内容
  • 解決事例
  • 訴えられた時には
  • 費用について
  • お知らせ

その他の民事事件

交通事故

交通事故

交通事故被害については物損と人身損害とがありますが、物損は自賠責の対象にはなりません。
事故発生後、入院通院→症状固定→後遺症等級認定→損害額確定というプロセスになります。
損害の内容としては、入通院慰謝料、治療費、治療関係費、休業損害のほか、後遺症による慰謝料と逸失利益などが大きな項目です。
一般的には保険会社の提示額と弁護士の請求額、裁判所での認容額との間で金額の違いが出てきます。
弁護士に依頼した場合、弁護士が保険会社と連絡をとって必要な資料を集め、損害額を検討・交渉し、状況によっては訴訟を提起することもあります。
事故原因と損害額のほか過失割合が主要争点となります。

不法行為(損害賠償)

不法行為(損害賠償)

不法行為といっても種々の態様があり、身体が害された(交通事故や傷害事件等)、物が壊された、名誉を害された等また加害者も個人や会社等多岐にわたります。
紛争態様としては、被害者と加害者の特定、侵害の原因や態様の特定、損害額の特定とがその要素になります。
弁護士に依頼した場合、損害額を検討して請求をし、状況によっては訴訟を提起して紛争を解決することになります。

雇用問題

不当解雇や賃料未払いなどで、通常は労働審判手続きで解決が図られることになります。労働審判は早期の争点整理と裁判所による積極的な主導を特徴とする紛争解決手続きです。