• 事務所案内
  • 業務内容
  • 解決事例
  • 訴えられた時には
  • 費用について
  • お知らせ

解決事例

被相続人の死亡前の引き出しについて不当利得請求

Cさん

年代:30代
性別:女性
職業:パート

ご依頼内容

両親を相次いで亡くした相談者その兄から分割協議書への署名押印を求められたことをきっかけとして財産調査をしたところ、生前の預金引き出しが判明した。

活動内容

銀行の取引履歴をもとに、調停ではなく、不当利得返還請求の訴訟を提起した。兄側は両親の生活費等に使ったとの主張があり、これに対して、被相続人の生活状況と預金の引き出し状況を対比して通常の使い方の範囲を超えていると主張した。

結果

裁判所からは、明確な線引きは難しいが、少なくとも通常の範囲は超えている部分があるいう心証を得ているとして解決案の提案があり、請求額を下回る金額ではあったが和解で解決に至った。