• 事務所案内
  • 業務内容
  • 解決事例
  • 訴えられた時には
  • 費用について
  • お知らせ

解決事例

疎遠な被相続人についての遺留分

Bさん

年代:50代
性別:男性
職業:会社員

ご依頼内容

疎遠であった父の死亡を知らされた。遺言書があり、相談者以外が相続をしていた。

活動内容

法定相続人を調査して受任通知を出し、遺言書の写しを入手して遺留分減殺の調停を申し立てた。遺言書以外の財産があるか不明だったうえ、被相続人とは疎遠であったため、預貯金の取引銀行も不明で調査を実現できなかった。

結果

相手方が財産開示に消極的なことを加味して、調停委員会からほぼ遺留分相当額の調停案の提示を受け、解決に至った。