• 事務所案内
  • 業務内容
  • 解決事例
  • 訴えられた時には
  • 費用について
  • お知らせ

解決事例

有責配偶者の離婚を1か月強で実現した事例

Bさん

年代:20代
性別:女性
職業:会社員

ご依頼内容

依頼者である妻は有責配偶者であり、当方から離婚を求めている。
相手方である夫は離婚に応じない態度であったため、当方から離婚調停を申し立てた。

活動内容

相手方が依頼者の有責性に関してどこまで事実関係を知っているか確認し、また相手方の依頼者に対する暴力や暴言を強調して、破綻状態にあったことと、破綻について相手方に責任があることを強調した。
財産分与については譲歩して早期解決の方を重視した。

結果

依頼者の希望が早期離婚の獲得であった、150万円の解決金を支払う代わりに、受任から2か月強での調停離婚を実現した。